日本プロテオーム学会2017年大会 JHUPO第15回大会

会場

ホテル阪急エキスポパーク
〒565-0826 大阪府
吹田市千里万博公園1-5
TEL 06-6878-5151(代表)
FAX 06-6878-3456

お問い合わせ先:
大会運営事務局

日本プロテオーム学会2017年大会 JHUPO 第15回大会 事務代行窓口(株式会社アカデミック・ブレインズ内)
〒540-0033 大阪府
大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館10階
TEL 06-6949-8137
FAX 06-6949-8138
E-mail:
jpros2017●academicbrains.jp

プログラム

 

プログラムPDF

 

主なセッション

1日目(7月26日水曜日)PM

教育セミナー

2日目(7月27日木曜日)AM

招待講演:Akhilesh Pandey

シンポジウム:Clinical Proteomics

シンポジウム:Technological Advances

2日目(7月27日木曜日)PM

招待講演:Benjamin Cravatt、Benjamin Ruprecht

シンポジウム:Pharmacoproteomics & Drug Development

シンポジウム:Basic biology (non-mammal)

3日目(7月28日金曜日)AM

招待講演:Cheolju Lee、Steven Pelech

シンポジウム:Basic biology (mammal)

シンポジウム:Computational proteomics

3日目(7月28日金曜日)PM

シンポジウム:Biobank & Body fluid

若手セッション:Systems Biology

 

本大会の目玉企画

① 26日(水)午後の教育セミナーとランチョンセミナー

これからプロテオームを始める研究者やプロテオーム解析経験者を対象として、他の学会や研究会では聞けないような解析のノウハウを紹介するテクニカル教育セミナーを予定しています。また、教育セミナーの前に島津製作所のランチョンセミナーもありますので、教育セミナーを受講される方は是非ランチョンセミナーにもいらしてください。

② 27日(木)夕方の企業新技術紹介

本大会では、特別講演、シンポジウム、ポスターセッション以外に、企業の技術紹介のイブニングセッションを設け、企業の方々に自社製品や自社開発研究を紹介していただく予定です。その時間は、ドリンク付になっていますので、お酒やソフトドリンクを片手に企業の方とディスカッションしていただければと思います。

③ 27日(木)懇親会

学術企画だけでなく、懇親会でも特別企画を用意しております。お酒が飲めない方も楽しめますので、お誘いあわせの上ご参加ください。

  1. 梅花女子大学のチアリーディング
  2. サプライズイベント

プロテオミクスにご興味をお持ちの幅広い分野の専門家や若い研究者、大学院生など多くの方々にご参加いただき、皆様の研究の更なる発展に結びつく大会になることを願っております。